第20回 関西 機械要素技術展 レポート

開催期間:10月4日〜6日

第20回 関西 機械要素技術展

2017年10月4日(水)〜6日(金)にインテックス大阪で開催された、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械部品や、金属、樹脂に関する加工技術が一堂に出展する西日本最大の専門展示会「第20回 関西 機械要素技術展」に出展いたしました。

展示会レポート

弊社ブースでは、生産現場向けハイスピードカメラ「PhotoCam SpeederV2新しいウインドウを開きます」のNEWモデルを展示いたしました。生産ラインの高速挙動(充填、搬送、包装、ラベリングなど)をスーパースローモーションで可視化し、検証や改善に役立てる方法を動画事例や実機デモンストレーションで具体的にご提案いたしました。また新オプション製品「カメラヘッド用防水ケース」や、センサー/PLCからトリガー入力ができる「拡張ユニット」、カメラをより省スペースで設置出来る「L型変換ケーブル」なども名古屋で初展示し、より利用シーンが広がったPhotoCam SpeederV2に多くの関心をいただきました。

第20回 関西 機械要素技術展

ご来場のお客様の声

会場では以下のようなお声を多く頂くことができました。

01

VOICE

狭いところにも設置できるハイスピードカメラ
高速挙動する設備個所を撮影し、確認したいが現場の隙間があまりなくカメラや機材を置くのは難しいと思っていた。PhotoCam SpeederV2の小型カメラとL型変換ケーブルならば、10pほどの幅でも設置することができるのと、最大10mのケーブルで接続できるので、離れた場所から安全に撮影が行えるのは良いと感じた。セッティングも簡単そうなので、ぜひ一度試させて欲しい。

02

VOICE

IoT時代のものづくり改善ツールとして検討
分析や解析以外の“目に見える効果”を探していた。ハイスピードカメラは研究用途かと思っていたが、生産現場向けということで、長時間撮影できるモードがあり、いつ起こるかわからない不具合に対応できるのはありがたいと感じた。新しいツールは覚えるのが大変かと苦手意識があったが、コントローラのタッチ操作も簡単だし、撮影したデータもパソコンにすぐ取り込めるので、使う人を選ばず情報共有が簡単に出来そうだ。導入検討したいので、デモを依頼したい。

会期中は弊社ブースにお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。

出展した製品に関するお問合わせは以下フォームよりお気軽にご連絡ください。

  • よくあるご質問
  • メールでのお問合わせ
  • お電話でのお問合わせ 03-3518-6271