2016国際ウエルディングショー レポート

開催期間:4月13日〜16日

2016国際ウエルディングショー

2016年4月13日(水)〜16日(土)にインテックス大阪で開催された、溶接・切断・レーザ加工・非破壊検査などの世界的な技術展「2016国際ウエルディングショー」に出展いたしました。

展示会レポート

弊社ブースでは、世界トップクラスの高速撮影性能を誇る「FASTCAM SA-Z」のFAST Drive版や高感度/高画質に特化した小型軽量ハイスピードカメラ「FASTCAM Mini」シリーズを展示し、事例動画をご覧いただきながら溶接に関わるご相談やご要望に対してご説明させていただきました。
また、アーク溶接ロボットのトーチにハイスピードカメラを取り付けた「リアルタイム溶接監視システム(IDP-Express)」をデモ展示し、溶接中に「溶融池の面積」と「スパッタ」をリアルタイム検出するデモを見て頂き、多くのお客様から導入に向けた相談をいただくことができました。

2016国際ウエルディングショー

ご来場のお客様の声

会場では以下のようなお声を多く頂くことができました。

01

VOICE

溶接を“計測”することで最適条件が見つけやすくなる
ハイスピードカメラと波形測定器を組み合わせた「溶接可視化システム」に興味を持ちました。溶接機の電圧/電流を変えた場合の溶接プロセスが動画と波形が一緒の状態で比較できるので、溶接の最適な条件出し用にぜひ取り入れてみたい。

02

VOICE

リアルタイム監査で溶接品質向上が期待できる
「リアルタイム溶接監査システム」で撮影した映像からスパッタの面積や数をカウントし、即座にフィードバックできるのは画期的に感じた。スパッタが異常値を示したときにロボットを止めたり、録画した映像から溶接の条件を変更したりできそうです。カスタマイズも可能とのことなので、ぜひ一度自社工場用に相談させていただきたい。

会期中は弊社ブースにお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。

出展した製品に関するお問合わせは以下フォームよりお気軽にご連絡ください。

  • よくあるご質問
  • メールでのお問合わせ
  • お電話でのお問合わせ 03-3518-6271