第7回 高機能フィルム展 レポート

開催期間:4月6日〜8日

第7回 高機能フィルム展

2016年4月6日(水)〜8日(金)に東京ビッグサイトで開催された、エ高機能フィルムに関する成形加工技術、部品・材料および 機能性フィルムが世界中から一堂に出展する専門展「第7回高機能フィルム展〜フィルムテック ジャパン〜」に出展いたしました。

展示会レポート

弊社ブースでは、インライン/オフライン複屈折マッピング計測装置「KAMAKIRI」の実機を展示し、フィルムの開発から生産、加工での具体的な導入事例やアプリケーションを動画やパネルで紹介しました。

第7回 高機能フィルム展

ご来場のお客様の声

会場では以下のようなお声を多く頂くことができました。

01

VOICE

フィルムの横ダンを面範囲で検査できる
これまで数カ所を点で計測していたが、ロール全体の統計評価は難しかった。KAMAKIRIなら面範囲で検査がおこなえるので、スジムラや横ダンがわかりやすく、すぐに解析に繋がりそうと感じられた。検査用フィルムを送ればサンプルデモから受託計測・レンタルも出来るとのことで、ぜひ一度試させて欲しい。

02

VOICE

スリット範囲のムダ削減効果に期待
フィルムを垂直方向(TD)でも流れ方向(MD)でも数値で定量評価がおこなえるうえ、チャック周辺の不均一となる最適な位置を偏光で可視化して判断できるためこれまで多めにスリットを入れていたフィルムのムダを減らすことが出来るのではないかと期待できた。

会期中は弊社ブースにお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。

出展した製品に関するお問合わせは以下フォームよりお気軽にご連絡ください。

  • メールでのお問合わせ
  • お電話でのお問合わせ 03-3518-6271