MCAT(Multi-camera Controller for Automotive Test)

自動車衝突安全試験に特化した多数台カメラ用コントロールソフトウェア

MCAT(エムキャット)は、衝突安全試験での多数台のカメラコントロールに特化し、スピーディかつ確実に多数台のカメラをコントロールして撮影・保存を行うソフトウェアです。
衝突安全試験での多数台のカメラセットアップから撮影までの作業において、シンプル且つ確実に実行できる様なインターフェースを搭載し、ヒューマンエラーを削減します。

  • 特長

1.多数台のカメラのセットアップを短時間で

MACTは多数台での制御を前提としており、全カメラの設定とステータスを一覧で確認できます。試験に必要なカメラだけを接続しての使用や、変更できるカメラの設定項目を少なく出来よりシンプルに且つ短時間でのセットアップが可能となっています。

コントロールパネル
コントロールパネル

2.チェック機能により確実な撮影

業務フローごとにチェック項目を設けることにより、ヒューマンエラーを削減いたします。カメラ設定はロックをかける事により、容易に変更が出来なくなります。
各カメラの設定完了やトリガ待機状態が一目でわかるユーザーインターフェースで、撮影前の確認を簡単且つ確実にします。

3.2種類のファイルフォーマットで一括データー保存

中間ファイルを介さずに、カメラから非圧縮ファイルとWMV等の任意の組み合わせで、画像データーを保存できます。トリガフレーム位置の変更も可能です。

4.遠隔レンズ制御(専用レンズが必要です)

専用レンズを用いることにより、制御室からライブ画像を確認しながら、遠隔でレンズのズーム・ピント・絞りの設定が出来ます。

製品仕様
対応OS
  • Windows XP SP3
  • Windows Vista SP2 (64/32bit) 以降
  • Windows 7 (64/32bit)
  • Windows 8 (64/32bit)
対応PFV
  • Version 3.3.9 (64/32bit) 以降
入力画像
  • 対応フォーマット:
    AVI / AVI2.0 / BMP / TIFF / Multi-page TIFF /JPEG / RAW / RAWW / Multi-page RAW / FTIF
    ※ PFV により出力されたCIH ファイルが必要です。
追跡・スケーリング・座標機能
  • 相関追跡
  • 自動又はマニュアル追跡
  • 任意の2点間の距離を設定
  • 静的座標変換、フレーム毎の動的座標変換
  • ガイド機能
追跡ポイント
  • 最大5ポイント(座標系に使用するポイントは含まず)
  • 任意のポイント名に変更
解析結果
  • 変位/速度/加速度 (*X , Y , 絶対値)
  • 画像とグラフの同期再生
  • 座標グリッド表示
  • 画像/グラフのズーム、フィット表示
  • CSVデーター出力、画像グラフ出力機能
ライセンス
  • 無料体験版
  • オンライン認証、オフライン認証

画像解析ソフトウェアについて、ご質問やより詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問合わせください。

  • メールでのお問合わせ
  • お電話でのお問合わせ 03-3518-6271