Photron
ホーム お問合わせ サイトマップ Photron USA
フォトロンの製品 お客様サポート 企業情報 イベント情報
画像計測システム
CADシステム
製品情報
製品カタログ
オンラインショッピング
お客様サポート
ダウンロード
イベント情報
e-ソリューション
プロフェッショナル
映像システム
医用画像システム
 
CADシステム

CADシステム用語解説

テクノコラム-図脳CADの便利帳-

バックナンバー一覧

No.99 寸法パラメトリックが効かない?! それ、偽尺じゃありませんか?2D

解説文

寸法値を変更することで形状も変形する便利なコマンド「寸法パラメトリック」。

その「寸法パラメトリック」を関連会社や他の人が書いた図面を開いて使ったら、形状が変形しない…

もしかすると、図面を書いた人が寸法値を手入力で変更したため、「偽尺(ぎしゃく)」になっているかもしれません。「偽尺」になっている寸法は一見すると、通常の寸法と区別が付きません。

そんな時は図面を読みこんだときに[寸法値上書き確認]を実行します。

操作手順は以下の通りです。

  1. 1.[編集]−[寸法線編集]−[寸法値上書き確認]をクリックします。
  2. 2.寸法値を手入力で変更してある寸法線がハイライト表示されます。

あとはハイライト表示された寸法線を再度書き直せば、寸法パラメトリックで変形することができるようになります。

また『図脳RAPIDPRO19』ならハイライト表示された後に、スペースキーを押すと元の寸法値に自動復帰させることができるようになっています!

対象ソフトウェア

図脳RAPIDPRO19

  • 無料体験版ダウンロードはこちら!
  • カタログダウンロードはこちら!

図脳CADの便利帳トップへ

バックナンバー一覧


プライバシーポリシー