Photron
ホーム お問合わせ サイトマップ Photron USA
フォトロンの製品 お客様サポート 企業情報 イベント情報
画像計測システム
CADシステム
製品情報
製品カタログ
オンラインショッピング
お客様サポート
ダウンロード
イベント情報
e-ソリューション
プロフェッショナル
映像システム
医用画像システム
 
CADシステム

CADシステム用語解説

テクノコラム-図脳CADの便利帳-

バックナンバー一覧

No.85 ひとつの図面に複数の印刷範囲を指定! 「印刷レイアウト」機能2D

解説⁄手順

「図面の一部分だけを印刷したい!」
「用紙枠外の図面も印刷したい!」
印刷に関して、こんなご要望はありませんでしたか?

図脳RAPIDPRO18の「印刷レイアウト」機能は、一つのデータ上に複数の印刷範囲を設定・保存可能な、印刷時の便利機能です。
あわせて自動で図面枠がつく機能も搭載しているので、今回ご紹介します。

操作手順は以下の通りです。

  1. 1.[ファイル]-[印刷]-[印刷レイアウト一覧]コマンドをクリック。
  2. 2.[印刷レイアウ一覧] ダイアログが開くので、[追加]ボタンをクリックします。
  3. 3.指定したい範囲印刷の[用紙サイズ]や[用紙向き]を選択して[了解]ボタンをクリック。
  4. 4.図面上で、範囲印刷を指定した箇所に印刷レイアウトの枠を配置します。
  5. 5.続いて[印刷]コマンドをクリックし、[印刷レイアウト]ダイアログで該当の印刷レイアウトを選択。
  6. 6.[了解]をクリックして実際にプリントアウトを行います。

以上の操作で、[印刷レイアウト]該当部分が印刷することができました。

「印刷レイアウト」機能は図脳RAPIDPRO18[Ver.18.50以降]に搭載されています。
図面を印刷する際、ぜひご活用ください。

対象ソフトウェア

図脳RAPIDPRO18

  • 無料体験版ダウンロードはこちら!
  • カタログダウンロードはこちら!

図脳CADの便利帳トップへ

バックナンバー一覧


プライバシーポリシー