No.93 知っていると便利! 文字を図形化して効率よく図面作図

CATEGORY
2D CAD

2017.01.31

「図脳RAPIDPRO18」「図脳RAPID18」では、「文字」を「図形」に変換できます。

この機能を活用すれば、文字のアウトラインに沿ったベクトルデータが作成可能。

線として認識されるため、文字の形状を生かしたデザインを行う際に大変便利な機能です。

ミラー移動やミラー複写と併用することで、鏡文字の作図もできます。

操作手順は以下の通りです。

  1. 図面上に文字を配置します。
  2. [編集]-[文字編集]-[文字図形化]コマンドをクリックします。
  3. 図面上の文字を範囲選択で選択します。
  4. [文字図形化]ウィンドウが立ち上がるので[変換方法⇒アウトラインのみ]を選択し、了解ボタンを押します。

なおベクトルデータに変換された文字は、他社CADで読み込んだ際に文字化けしません。

便利な機能ですので、ぜひ効率アップに活用してみてください。

CADテクノコラムトップへ戻る

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6272

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る