No.80 特定の要素だけを狙って簡単にピックアップ

CATEGORY
2D CAD

2015.08.27

図面は、文字や寸法線、線分や円、実線、点線、破線などなど…さまざまな要素で成り立っています。
たとえば、文字だけを選択したい時や、線分だけを選択したい時、図面のなかからその要素だけを選択するのは、大変時間がかかります。このような「要素を絞って編集したい」時に役立つのが、[選択設定]コマンドです。

操作手順は以下の通りです。

  1. [設定]‐[選択設定]コマンドをクリックします。
  2. [選択フィルタ]タブをクリックします。
  3. ウィンドウに表示されている要素一覧から選択したい項目をクリックしてチェックを付けます。
  4. [了解]もしくは[一時変更]をクリックすると、チェックを付けた要素だけが選択対象となります。([一時変更]は、直後に実行するコマンドのみ選択設定が有効になります。)

この状態で図面全体をマウスで囲むと、特定の要素だけを簡単に選択することができます。要素の多い複雑な図面から、目的の図形を簡単にピックアップでき、編集時間の短縮を実現できます。

CADテクノコラムトップへ戻る

お問い合わせ

ご質問や詳細な情報をお聞きしたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

メールでお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ 03-3518-6272

CONTENTS 関連するコンテンツ

PRODUCTS/SERVICE 関連する製品・サービス

製品・サービスの一覧を見る