3DCADや図面管理システム、2DCADで図面に関する業務効率化を支援 「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS)」に出展

CATEGORY
イベント・セミナー / 2D CAD / 3D CAD

2018.06.07

株式会社 フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫)は、2018年6月20日(水)~22日(金)に東京ビッグサイトで開催される製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展「第29回 設計・製造ソリューション展(DMS)」(主催:リード エグジビション ジャパン株式会社)に出展します。

ブースイメージ【東2ホール 東34-42】
ブースイメージ【東2ホール 東34-42】

出展概要

つながる技術 つなげて解決
3DCADを中心とした業務効率化支援のソリューションを提供

フォトロンブースではCATIAデータをそのまま編集できる3DCAD新製品『図脳CAD3D』をはじめ、設計支援ツール『PSDソルバー』、製造業向け図面管理システム『図脳TeCA(ティーカ)』、2DCADの新バージョン『図脳RAPIDPRO19』を出展いたします。
3DCAD、2DCAD、図面管理システム、IoT技術などの幅広いソリューションで設計から生産技術まで様々なプロセスの効率化を支援します。

出展製品

3DCAD

「CATIA V5/V6」のデータをそのまま編集できるダイレクトモデリング3DCAD『図脳CAD3D』

・日本のものづくりに適した直感的な操作性
・多彩なデータ互換を標準装備

図脳CAD3D

設計支援ツール

製品開発のスピードアップ、コスト削減を強力に支援する『PSDソルバー』

・多目的満足化を実現するPSD独自のアルゴリズムを採用
・複数の要求性能が同時に満足できる範囲を短時間で絞り込むツール

PSDソルバー

図面管理システム

「働き方改革」をサポートするWebブラウザベースの『図脳TeCA(ティーカ)』

・セキュリティを確保し、情報共有を推進
・出図ミスによるトラブルを撲滅、タイムリーな出図を実現しムダを削減
・技術伝承の効率化に寄与するビデオ標準(ビデオマニュアル)をスマホで手軽に作成するアプリ『Photron-Mobile Video Creator』をあわせて展示

図脳TeCA(ティーカ)

2DCAD

運用方法から専用コマンドまでオーダーメイドできる『図脳RAPIDPRO19』

・自動作図などのカスタマイズで設計リードタイム短縮
・CAD稼働率を高める新たなライセンス形態が登場

図脳RAPIDPRO19

開催概要

名称
第29回 設計・製造ソリューション展(DMS)
開催期間
2018年6月20日(水)~22日(金)10:00~18:00(最終日17:00まで)
会場
東京ビッグサイト(アクセス
主催
リード エグジビション ジャパン株式会社

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン システムソリューション事業本部

電話
03-3518-6272
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る