「第9回 生産システム見える化展」にエンジニア専用ハイスピードカメラを出展 ~ものづくりにおける品質、コスト、納期の革新・改善を対象にした国内唯一の専門展示会~

CATEGORY
イベント・セミナー / ハイスピードカメラ

2017.07.11

株式会社 フォトロン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 布施信夫)は、2017年7月19日(水)~21日(金)に東京ビッグサイトで開催される「生産と設備TOKYO2017|第9回 生産システム見える化展」(主催:一般社団法人日本能率協会)に出展します。

フォトロンブース(イメージ図)
フォトロンブース(イメージ図)

出展概要

エンジニア専用ハイスピードカメラでプロセスを可視化 !

エンジニア専用ハイスピードカメラ「PhotoCam SpeederV2」を出展し、生産設備・装置で起こる不具合過程の確認や、カンコツでおこなってきた作業をスーパースロー映像で見える化することで、根拠ある計測・解析によるさらなる改善と生産性の向上に繋がるシステムとして事例を交えて紹介いたします。

【ブース:東3ホール No.3C-18】

出展製品

設備・装置の検証に最適な生産現場向けハイスピードカメラ
『PhotoCam SpeederV2』

  • SpeederV2だから生産現場を改善できる
  • 現場にフィットする超小型カメラヘッド
  • 2カメラヘッド撮影で高まる改善力
  • どこでも、誰でも、使いやすい
  • 2つの撮影モードで撮り逃しなし
  • 撮影データもカンタン活用
  • 充実のオプションで広がる活用範囲
  • 究極の生産性向上を実現するツール

開催概要

名称
[生産と設備TOKYO2017]第9回 生産システム見える化展
開催期間
2017年7月19日(水)~21日(金)[3日間]10:00~17:00
会場
東京ビッグサイト
(アクセス:http://www.bigsight.jp/access/transportation/
主催
一般社団法人日本能率協会

関連情報

お問い合わせ窓口

株式会社フォトロン システムソリューション事業本部 FAソリューショングループ

電話
03-3518-6271
FAX
03-3518-6279
メール

ニューストップへ戻る