イベント情報:出展報告

第28回 設計・製造ソリューション展〜フォトロンブースレポート〜 開催期間:2017年6月21日(水)〜23日(金)


株式会社フォトロン CADソリューション部は2017年6月21日(水)〜23日(金)、東京ビッグサイトで開催されたCAD、CAE、ERP、生産管理システムなどの製造業向けのITソリューションが一堂に出展する専門展「第28回 設計・製造ソリューション展」に出展いたしました。 多数の新製品展示やミニセミナーの開催といった当展示会のレポートをお届けします。


展示会レポート

伝統と革新 図脳CADは新たなステージへ

新製品や参考出展の製品を多数出展

弊社ブースでは発売間近のCATIAデータが読み込める新3DCAD「図脳CAD3D新しいウインドウを開きます」や新図面・技術資料管理システム「図脳TeCA」をはじめ、シミュレーション回数を削減する設計用解析システム「PSDソルバー」、2DCAD「図脳RAPIDPRO18新しいウインドウを開きます」といった製品をご紹介。
またCAD以外にも参考出展としてカメラ1台で3D座標・角度データ(6自由度)をリアルタイムに出力・保存できるシステム「6D-Marker」、作業手順動画等を手軽にスマホで作成できる映像制作・編集アプリ「Valuable Annotation on Video(仮称)」もご紹介しました。

ミニセミナーを開催

今回ブース内において、お客様の課題解決に向けたヒントの提供を目指して、10のテーマでミニセミナーを開催しました。「新3DCADでCATIAデータをダイレクト編集」「製造業の為のWebによる図面管理」「機械設計における伝統と革新」「技能伝承・作業指示ビデオの簡単制作アプリ」といったテーマが特に皆様の関心を集めていて、多くのお客様が足を止めていました。

ご来場のお客様の声

会場では以下のようなお声を多く頂くことができました。

01

VOICE

CATIAが使用しているカーネルを搭載する新製品の3DCADに大いに期待
発売前の新製品の詳しい説明が聞けて良かった。
CATIAデータをそのまま入力して編集できるのは、 データ変換ソフトやハイエンドCADを揃えなくて済むのでコスト削減が期待できる。

02

VOICE

旧版図面の確認や取り出しが素早く・間違いなくできる点が非常に良い
製造・出荷ミス防止を念頭に図面の改訂管理が重要な課題となっている。
「図脳TeCA(ティーカ)」導入で管理の手間削減と納期や顧客対応の迅速化が両立できそうなので、ぜひ検討したい。

03

VOICE

2DCADの最新版リリースに期待
今年の10月に「図脳RAPIDPRO」の最新版がリリースされるとのこと。
DXF/DWG入力が強化されるとのことで期待できる。 来場者特典ももらえ得したので、展示会に来てよかった。

会期中は弊社ブースにお立ち寄りいただきまして、誠にありがとうございました。