企業情報

2016年4月12日

最新の医療 画像機器及び周辺機器を一同に公開する総合展示会
「2016国際医用画像総合展」に出展

フォトロン メディカル イメージング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 八木秀忠)は、2016年4月15日(金)〜17日(日)まで、パシフィコ横浜で開催される「2016国際医用画像総合展」に出展します。

フォトロン メディカル イメージング ブース(イメージ図)

出展概要

“進化”し続ける「Kada-Solution」と“真価”を発揮するアプリケーション群を紹介

ブースではマルチモダリティ対応DICOMビューワ「Kada-View」を実際にお試しいただけるデモスペースを設け、循環器のみならず脳神経外科領域でのご提案をいたします。また、新製品「Kada-Rec」の脳神経血管内治療向け仕様を初出展。TAVIを支援する術前シミュレーションソフトウエア「3mensio Structural Heart」や「CAAS」など豊富なアプリケーションもご用意しております。

【ブース:No.221】

出展製品

マルチモダリティ対応DICOMビューワ『Kada-View』

  • 先進の設計思想によるマルチプラットフォームを実現し、SurfaceやMacに対応。タッチスクリーンでの操作も可能。
  • 柔軟性の高いファイル変換機能により、学会向けのプレゼンテーション用データ作成を強力にバックアップ。
  • 文字数を増やす毎に対象検査が絞り込まれる“Quick Search Filter”や最大画面における卓越した操作性を実現した“Direct Access Bar”等、独創的な新機能を装備。

[製品サイト] http://www.photron.co.jp/products/medical/view/

透視像録画/配信システム『Kada-Rec』

  • 解像度1920x1080 pixelの映像信号を最大4系統同時に取り込み、動画ファイルとして保存。
  • MPEG4(H.264)形式の汎用的なフォーマットで保存できるため、WindowsやMacなどさまざまな環境で映像閲覧・編集作業が容易に行えます。
  • 循環器領域のみならず脳神経血管内治療向けの仕様を初出展。

[製品サイト] http://www.photron.co.jp/products/medical/rec/

TAVIを支援する最先端の術前シミュレーションソフトウエア『3mensio Structural Heart』

  • 直観的なグラフィックユーザーインターフェースにより、迅速かつ簡便に大動脈弁やアクセスルートを視覚化し分析可能です。
  • 術前のプランニングやシミュレーションの時間を大幅に短縮し、ワークフローの効率化が図れます。

[製品サイト] http://www.photron.co.jp/products/medical/3mensio/

開催概要

1. 名称:
2016国際医用画像総合展
2. 開催期間:
2016年4月15日(水)〜17日(日)[3日間]
(15日(金)10:00〜17:00/16日(土)9:30〜17:00/17日(日)9:30〜15:00)
3. 会場:
パシフィコ横浜 展示ホール A(一部),B,C,D(アクセス:http://www.pacifico.co.jp/visitor/accessmap.html新しいウインドウを開きます
4. 主催:
一般社団法人日本ラジオロジー協会(JRC)

PDFファイルの閲覧にはAdobe Readerが必要です。
Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロード


企業情報

採用情報、その他に関するお問合わせ

  • メールでのお問合わせ メールフォーム
  • 電話でのお問合わせ:03-3518-6290